3.モール別ランキングのランキングページのソース内容

「モール別ランキング」アプリのソース解説3回目です。前回は「トップページ」のプログラムの流れについて解説しました。今回は「ranking.php(ランキングページ)」のプログラムソースの流れを簡単に解説します。

前回の記事

2.モール別ランキングのトップページのソース内容

 

アプリURL
モール別ランキング – 大手通販サイトのランキングを比較

 

ranking.php(ランキングページ)

画像

 

ソース内容

<?php require_once('element/header.php');?>
<div class="container rank-contents">
    <?php require_once('element/search.php'); ?>
    <?php require_once('element/tab.php'); ?>
    <?php
        if (empty($_GET['mall'])){
            //Yahooショッピングのランキング情報を取得
            require_once('element/yahoo.php');
        }elseif ($_GET['mall']=='rakuten'){
            //楽天のランキング情報を取得
            require_once('element/rakuten.php');
        }elseif ($_GET['mall']=='amazon'){
            //Amazonのランキング情報を取得
            require_once('element/amazon.php');
        }

    ?>
</div>
<?php require_once('element/footer.php') ?>

プログラムの流れ

1行目:

HTMLのheadやbody部のナビゲーションバーなどヘッダー情報が記載されたファイルを読み込みます。

 

3行目:

ランキングページの検索フォーム要素が記載されたファイルを読み込みます。

 

4行目:

ランキングページの通販モールを切り替えるタブが記載されたファイルを読み込みます。

 

5〜17行目:

各モールのランキング一覧を選択されたタブ毎に取得します。(選択されたタブは$_GET[‘mall’]で判定)

 

19行目:

ページのフッター情報(Copyright等)が記載されたファイルを読み込みます

 

次回はヘッダー要素の内容を解説していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です