パーマリンク(記事URL)を投稿名(記事タイトル)に変更する。WordPressをインストールしたらまず設定すること

今回はWordPress(ワードプレス)の記事URL(パーマリンク)の変更方法となぜ記事URLはインストールしてすぐに設定した方が良いのか?その理由について紹介していきます。

 

1.パーマリンク(記事URL)とは

パーマリンクとは記事を投稿した際に設定される記事毎のURL(下記赤枠)のことです。

(この記事のURL)

 

このサイトのドメインは「it-ti.work」です。ドメイン以下の上記赤枠部分「/wordpress-url-change/」がパーマリンクとなります。

 

2.パーマリンクをローマ字表記の投稿名(記事タイトル)に変更する

ローマ字表記の記事タイトルに変更するにはWordPressのサイドバーより「設定」-「パーマリンク設定」を選択します。

デフォルトでは「基本」が選択されています。ローマ字表記の投稿名にする為、「投稿名」を選択し「変更を保存」ボタンをクリックしてください。

設定後、「投稿」-「新規追加」を選択してください。

タイトルを入力し、フォーカスを移動すると赤枠の「パーマリンク」が編集できるようになります。デフォルトでは日本語の投稿名(記事タイトル)になっています。「編集」ボタンをクリックします。

 

パーマリンクの編集が可能になるので「wordpress-install」に変更し、「OK」ボタンをクリックします。

記事を入力し、公開を行うとこの記事のURLが「http://it-ti.word/wordpress-install」となります。

 

3.何故投稿名にするのか?

Googleのコンテンツに関するガイドラインでは以下のようになっています。

シンプルな URL 構造を維持する

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。たとえば、航空機(aviation)に関する情報を探している場合、http://en.wikipedia.org/wiki/Aviation のような URL であれば、見ただけで必要な情報であるかどうかを判断できます。http://www.example.com/index.php?id_sezione=360&sid=3a5ebc944f41daa6f849f730f1 のような URL 自体は、ユーザーの関心を引くことはほとんどありません。

URL では区切り記号を使うと効果的です。http://www.example.com/green-dress.html という URL の方が、http://www.example.com/greendress.html という URL よりずっとわかりやすくなります。URL にはアンダースコア(_)ではなくハイフン(-)を使用することをおすすめします。

 

https://support.google.com/webmasters/answer/76329?hl=ja

メリットとして他サイトからURLのみでリンクされていた場合などに、URLを確認しただけでどのような内容が記載されているかが判断できます。またGoogle検索ではURLも検索の対象となっているので、URLにキーワードを入れておくとSEO対策にもなります。

 

日本語URLの注意点

日本語名表記でも見た目はシンプルなURL構造となりますが、日本語の場合、他のサイトがリンクの設定をした場合にページエラーとなりの表示されなくなるケースがあります。またはてなブックマークなどでもエラーになるケースがあるようです。

 

4.何故WordPressをインストールした後直ぐにパーマリンクを設定した方が良いのか?

すでに多くの記事を投稿している状態でパーマリンクの変更を行うと、今までSNSなどでシェアされたいたURLがリセットされます。また他サイトからリンクを受けていたURLが全て無効になり、既存の投稿済みページへのアクセス数が激減してしまいます。

また被リンクの影響によりGoogleなどの検索エンジンで上位に表示されていたページが上記の様に被リンクが無効になってしまうと、順位が変動してしまい、上位に表示されなくなるケースも考えられます。

 

上記などの理由からパーマリンクを設定する際はWordPressをインストールしたら直ぐに行いましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です