イラストレーターでエヴァンゲリオン風の斜めストライプ文字を作ってみた

Pocket

エヴァンゲリオンのデザインはどれも魅入ってしまう。なんでだろう。。。

ということで今回は以下のようなエヴァンゲリオンの警報風素材をイラストレーターで作っていきたいと思います。

斜めストライプの絵文字を作成

エヴァのデザインで印象的な斜めストライプをまずは作成していきましょう。

まずアートボードのサイズをSlackの絵文字サイズと同じ128 × 128にします。

長方形の枠を配置

長方形ツールを選択します。幅15px、高さ25pxで設定してください。

色は「#d30000」を指定します。

設定した長方形をコピーする

「alt」キーを押しながら右側にドラッグし、上記のように作成した長方形の隣にコピーしてください。

コピーした長方形の色の指定は「なし」にします。

スウォッチに追加する

設定した長方形を選択し、スウォッチにドラッグします。

 

長方形の枠を配置し、スウォッチに追加したストライプを選択する

 

回転ツールでストライプを斜めにする

長方形を選択した状態で回転ツールをダブルクリックします。

上記ダイアログで角度を330度にし、「パターンの変形」をチェックします。

長方形の幅、高さを設定し、上下に配置する

幅128px、高さ24pxに指定し、長方形をコピーします。

コピー後、上記のように上下に配置します。

 

背景黒の長方形を配置する

128 × 128pxの長方形を配置し、再背面に移動します。

 

 

テキストを配置する

上記のように「源ノ明朝、Heavy」でフォントサイズが「62.3px」のテキストを配置します。

 

以上が警報絵文字の作り方となります。

うーん。工事中のデザインもそうだけど、斜めのストライプは注意喚起を促すデザインにはすごくマッチしますね。

 

以下のジェネレーターで上記絵文字をテンプレートにして遊べます。

斜めストライプのセリフ絵文字

 

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です